DFAT由来培養上清液

培養上清液とは?

細胞を培養する際の上澄み液で、細胞から分泌された液性因子(増殖因子・サイトカインなどのタンパク質やエクソソームと呼ばれる細胞外小胞)を含みます。間葉系幹細胞に由来する培養上清液は、抗炎症、免疫制御、血管新生など多様な治療活性を持つことが知られています。

DFAT由来培養上清液

DFATを培養する過程で、様々な成長因子や再生因子、サイトカインが細胞から放出されます。これらの上澄み液が、栄養満点の液体を使った治療薬や、治療方法を開発しこの培養上清液は、細胞治療ではないので、許認可も再生医療法外となります。
また、適用範囲も幅広く育毛、アンチエイジング、炎症系、軟骨、肌、美容系サプリメント、健康食品etc 幅広い治療薬、商品として実用化が可能です。

DFAT由来培養上清液に含まれる液性因子

DFAT由来培養上清液には血流増加、皮膚の再生・コラーゲン増加、発毛を促進する因子が多種含まれています。

DFAT由来培養上清液に特徴的に含まれる液性因子

  • HGF (肝細胞増殖因子)
    肝臓をはじめ血管、神経、皮膚などいろいろな組織の再生・保護を担う生理活性が認められています。筋萎縮性側索硬化症(ALS)や閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する臨床治験も行われています。
  • VEGF (血管内皮細胞増殖因子)
    新しい血管を作ったり、元々ある血管の成長を促す強力な血管新生因子です。頭皮の毛細血管を増やし、血行をよくすることで育毛にも効果があることが明らかになっています。
  • Leptin (レプチン)
    食欲の抑制とエネルギー代謝の調節に関わるペプチドホルモンの一種です。血管新生促進作用、皮膚角化細胞の増殖を促進し皮膚を再生する作用、育毛を促進する作用が報告されています。

DFAT由来培養上清液の血管新生促進作用


DFAT由来培養上清液はVEGFやHGFといった血管新生因子を豊富に含みます。実際に培養血管内皮細胞にヒトDFAT由来培養上清液を添加すると、血管内皮細胞の管腔形成(血管への分化)を著しく促進しました。このDFAT由来培養上清液の血管新生促進作用は、ASC由来培養上清液より有意に強く、ドナーの年齢に影響されず認められました。

DFAT由来培養上清液の応用例

  • DFAT由来培養上清液を含有した美容系薬剤・化粧品
    (コラーゲン増加、シワ改善、美肌効果)
  • DFAT由来培養上清液を含有した育毛剤
    (毛根の血流改善、毛髪再生)
  • DFAT由来培養上清液による治療薬
    (潰瘍治癒促進、変形性関節症・変形性脊椎症の治療、歯周病の治療など)

DFAT動物治療への応用

DFAT基礎研究情報

インタビュー動画(松本教授)

PAGETOP
Copyright © Stemcell Holdings Limited. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.